HOME > H29.11.30 播磨臨海地域道路整備促進国会議員連盟 第4回総会
平成29年3月9日 播磨臨海地域道路整備促進国会議員連盟 第3回総会が開催されました!
概要
 本道路の計画を推進するため、有志の国会議員の先生方により設立された播磨臨海地域道路整備促進国会議員連盟の第4回総会において、兵庫県知事、兵庫県議会議員、地元経済界、我々協議会が地域の情勢を報告するなど早期実現に向け意見発表を行い、要望書を手交いたしました。
 その結果、あきもと司 国土交通副大臣石川雄一 道路局長から次の手続きである
「地域への意見聴取を12月中旬に開始する。」とのコメントをいただきました。
 今後も引き続き、本国会議員連盟のご支援を賜りながら兵庫県、関係市町、経済界が連携し早期実現を訴えてまいります。
 
開催日: 平成29(2017)年11月30日(木)
場  所: 参議院議員会館 1階 101会議室
主催者: 播磨臨海地域道路整備促進国会議員連盟
参加者: 約120名
       国土交通省
       兵庫県
       播磨臨海地域道路網促進期成議員連盟(兵庫県議会議員の有志)
       播磨臨海地域道路網協議会
(4市3町)
       関係市町議会議員
        播磨臨海地域道路網建設促進協議会
(4市3町の商工会議所及び商工会)
       
地域企業
 開催状況
 【要望書の手交】


左より、齋木俊治郎 姫路商工会議所会頭、石川雄一 道路局長
井戸敏三 兵庫県知事、鴻池祥肇 参議院議員(議員連盟最高顧問)
釜谷研三 兵庫県議会議員、渡海紀三朗 衆議院議員(議員連盟会長)
石見利勝 姫路市長、あきもと司 国土交通副大臣
   【国会議員連盟会長 渡海紀三朗 衆議院議員】
 1日も早くこの道路を造らなければならない。速やかに地域への意見聴取手続きを実施し、早期に第2回目の小委員会を開催して頂きたい。
  【国土交通省 あきもと司 副大臣】
 播磨臨海地域道路は、近畿・日本全体の経済成長を後押しする重要な道路。各業界団体へのヒアリング等の意見聴取手続きを12月中に開始する予定。早期に概略ルート・構造をとりまとめるようしっかり取り組んでいく。
   【兵庫県 井戸敏三 知事】
 早期の計画段階評価完了と都市計画決定に向けて、県は4月に新しい組織を設置し万全の体制を敷いている。
   【会長 石見利勝 姫路市長】
 播磨臨海地域では企業の新規立地や設備投資は大きな経済波及効果を生んでいる。多くの企業が当地域に立地を希望しており、企業が価値を認める魅力ある地域である。
   【国土交通省 石川雄一 道路局長】
 現在、計画段階評価を進めているところであり、12月中旬より地域の意見聴取手続きを開始する。
 【ガンバロウ三唱】
 Top 
播磨臨海地域道路網協議会